米国の利上げで米ドル高になると原則的には金価格は下落する

米国が利上げしてもドル建ての金価格が下落する可能性

ドル建ての金価格は2011年9月2日に「1トロイオンス=1,895.00ドル」でしたが、2015年8月3日には「1トロイオンス=1,091.90ドル」となり、4年間で42%も下落しました。

仮に100万円を投資した人は58万円しか残りません。一方、円建ての金価格は2011年9月2日に「1g=4,757円」でしたが、2015年8月3日も「1g=4,764円」と変わらず、4年間で0.1%上昇しています。

これはドル高円安が進んだためです。2011月9月2日は「1ドル=76円」であり、2015年8月3日は「1ドル=124円」でした。変動幅は63%の円安です。

つまり、ドル建ての金価格が下落しても、円安で純金の輸入価格が上がっているため、円建ての金価格は維持されました。今後も円建てで金投資をするときは、ドル建ての金価格と円安を総合的に予測する必要があります。

直近でドル建ての金価格に最も影響するとされている経済指標は、米国の利上げです。米国が利上げをすると、原則的には米ドルに投資マネーが集まるために、ドル高円安になります。

逆に投資マネーは商品や新興国株から引き上げていくために、原油は一段安になりますし、新興国の資金繰りは一層厳しくなるでしょう。同時に純金も商品であるため、売られる可能性が高いです。

ただ、すでに現在の金価格は米国の利上げを織り込み済みであり、例えば、2015年9月や12月に米国が利上げをしても、金価格は一時的に下がるだけで、大きくは影響しないとの見方もあります。

また、金価格を動かす要因は米ドルだけではありません。世界経済が悪化したり、戦争やテロなどの有事が発生すると、純金は安全資産として買われやすくなり、金価格が上昇します。

そのため、予想以上に新興国経済が悪化したり、中国経済が立ち行かなくなると、金価格は上昇しますし、イスラム国の拡大やテロが発生したり、ロシアや北朝鮮による戦争が始まることでも、金価格は上がりやすいです。

2015年8月時点の金価格の推移

貴金属 本日 1カ月前 1年前
金価格 4,764円 5,041円 4,620円
プラチナ価格 4,335円 4,698円 5,299円
銀価格 66.63円 70.09円 75.92円

2015年8月3日時点の1gあたりの税込小売価格です。前月比では純金が-277円、プラチナが-363円、銀が-3.46円となりました。

直近1カ月間における金価格の最高値は2015年7月2日の5,059円、最安値は2015年7月28日の4,745円です。金地金の税込小売価格の平均は7月が4,919円、6月が5,139円、5月が5,086円でした。

2015年9月に米国が利上げした場合は一時的に米国株が下落しますが、米国の経済指標は好調であり、下がり切ったあとは米国株にマネーが集まりやすいです。その結果、純金に対する需要は減って、金価格は下がります。

しかしながら、市場では中国経済の悪化、ユーロ圏のギリシャ問題、ブラジルを始めとした新興国市場の不透明感が原因で、安全資産への純金に対する投資熱は徐々に高まっていることも事実です。

そのため、来月初旬における税込小売価格は純金が4,900~4,950円、プラチナが4,400~4,500円、銀が68.00~69.00円と予想します。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2015.08.03
更新日更新日 2016.02.07

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
商品先物とは「決められた価格で決められた日時に売買すること」を約束する取引です。一般的には純金、プラチナ、銀、パラジウム、原油、ガソリン...
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金価格は需要増と供給減が重なって、長期的に上昇しやすい環境が整っています。しかし、世界的な好況が続くと、投資マネーは利息や配当も付かない...
金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる
金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる
今までの金投資は金地金や金貨を一括購入したり、純金積立で毎月少額ずつ買うなど、現物を取引することが一般的でした。それが金価格に連動する金...