世界的な金融システムへの不信で純金に資産が流れる

世界的な金融システムへの不信で純金に資産が流れる

純金の国際価格は2011年9月の「1トロイオンス=1,896ドル」をピークに徐々に下がっていき、2014年12月には「1トロイオンス=1,175ドル」の値を付けました。これは2008年のリーマンショック以降に金価格が上がりすぎた反動と米国を中心とした世界経済の回復が要因です。

一方、日本人が売買するときに使う純金の国内価格は2013年4月の「1g=5,084円」が高値であり、2014年12月も「1g=4,745円」と安定的な値を保っています。これは純金の国際価格が下がっている期間に、円安の影響で純金の輸入価格が上がっていたため、ある程度相殺された結果です。

ただ、ここに来て純金の国際価格が底を打ち、上昇に転じた動きを見せています。金価格が上昇する最大の理由は、世界的な金融システムへの不信と不安です。具体的には2015年1月時点で複数のリスクが懸念されています。

まずは米国によるサブプライムローンの再燃です。どのような種類の債権であれ、債権には担保が必要であり、その担保の信用力が債権の格付けに影響します。日本国債であれば日本の経済指標などが頼りになるわけです。

しかし、米国では再びサブプライムローンのような信用度の低い債権が売れています。リーマンショックのときに好景気とされながら奈落の底へ落とされたように、2016年や2017年に同様の現象が起こるかもしれません。

残りのリスクは「ギリシャを発端とした欧州経済の悪化、原油価格の下落によるロシアの経済危機、GDPの下落が止まらない中国の景気減速、戦争不可避とされるイスラム国の拡大」などです。

どれも世界的な金融システムへのインパクトが大きく、未だに改善の兆しは見えません。全リスクを適切に処理できる可能性は低いです。長期的には需要増と供給減による影響で、金価格は徐々に上昇していきますが、このような世界情勢では短期的にも金価格は上振れるでしょう。

ただ、確かに金価格の変動は気になりますし、ウォッチすることは間違いではありませんが、継続的に純金を積み立てていくのであれば、足元の価格変動に一喜一憂せずに数年先を見据えた視点が必要です。

2015年1月時点の金価格の推移

貴金属 本日 1カ月前 1年前
金価格 5,098円 5,093円 4,540円
プラチナ価格 5,158円 5,182円 5,207円
銀価格 71.17円 73.76円 76.68円

2015年1月13日時点の1gあたりの税込小売価格です。前月比では純金が+5円、プラチナが-24円、銀が-2.59円となりました。

直近1カ月間における金価格の最高値は2015年1月13日の5,098円、最安値は2014年12月17日の4,911円です。金地金の税込小売価格の平均は12月が4,998円、11月が4,780円、10月が4,632円でした。

また、来月初旬における税込小売価格は純金が5,000~5,100円、プラチナが5,000~5,100円、銀が71.00~72.00円と予想しています。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2015.01.13
更新日更新日 2015.11.26

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
商品先物とは「決められた価格で決められた日時に売買すること」を約束する取引です。一般的には純金、プラチナ、銀、パラジウム、原油、ガソリン...
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
プラチナは和名で「白金」とも呼ばれ、白い光沢と銀色が混ざった美しい金属として存在しています。純金と同じく希少な金属であり、宝飾品や工業製...
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?
純金は単なる金融商品の1つではなく、それ自体に利用価値がある物質です。例えば、2000年時点の純金の需要は宝飾品が3,000トンあり、全体の80%...