【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK

「ネット証券が最安値」

純金積立は月1,000円でできる金投資です 最大のメリットは毎日定額で買っていくため 価格変動リスクを低く抑えられることです 純金積立ができる会社は10~20社あり 年間コストに差があります 年間コストはネット証券が最安値です

「純金積立に分散投資」

ネット証券では主に次の3社が純金積立を扱っています すべての手続きがウェブで完結することもネット証券の強みです 総合ネット証券ですので 1つのアカウントで全資産を一元管理できます 金価格が下がったときにスポット購入で買い足すと利益を増えやすいです
  1. 長期投資では低コストが決め手
  2. 購入手数料と年会費以外も比較
  3. 初心者におすすめの純金積立会社

長期投資では低コストが決め手

長期投資では低コストが決め手

1

月3,000円を積み立てたときの年間総コスト

純金積立は長期でお付き合いすることになるため、なるべく手数料が安い会社を選びたいです。ただ、年間総コストを意味する「毎月の購入手数料+年会費」には各社でバラつきがあります。

毎月の積み立て額を初心者でも始めやすい3,000円に設定したところ、年間総コストは最安値と最高値で5.3倍の差となりました。

会社名
昇順降順
毎月の購入手数料 年会費 年間総コスト
昇順降順
SBI証券 購入金額×2.16% 無料 777円
マネックス証券 購入金額×2.7% 無料 972円
楽天証券 購入金額×2.7% 無料 972円
田中貴金属工業 3,000~9,000円は3.5% 無料 1,260円
三菱マテリアル 1,000円ごとに25円 864円 1,764円
徳力本店 1,000円ごとに25円 1,080円 1,980円
岡藤商事 無料 3,240円※1 3,240円
石福金属興業 1カ月ごとに216円 1,080円 3,672円
岡安商事 購入金額×2.5% 3,240円 4,140円

※1 2年目以降は2,160円になります。

2

月1万円を積み立てたときの年間総コスト

次に月3,000円ではなく、顧客1人あたりの平均積立額である月1万円としたときの年間総コストです。多少順位が変わりますが、基本的にはネット証券が業界最安水準になります。

会社名 毎月の購入手数料 年会費 年間総コスト
SBI証券 購入金額×2.16% 無料 2,592円
田中貴金属工業 1万~3万円未満は2.5% 無料 3,000円
マネックス証券 購入金額×2.7% 無料 3,240円
楽天証券 購入金額×2.7% 無料 3,240円
岡藤商事 無料 3,240円※2 3,240円
石福金属興業 1カ月ごとに216円 1,080円 3,672円
三菱マテリアル 1,000円ごとに25円 864円 3,864円
徳力本店 1,000円ごとに25円 1,080円 4,080円
岡安商事 購入金額×2.5% 3,240円 6,240円

※2 2年目以降は2,160円になります。

超低金利の日本では貯金でお金は増えません。株やFXのような投資はリスクが高く、複雑なテクニックと高度なツールが必要です。その点、純金積立は毎月コツコツと純金を貯めていく、手間いらずの金融商品です。

マネックス証券楽天証券SBI証券では年会費が無料であるために、試しに口座開設をしてもOKですし、一時休止や中途解約もネット上ですぐにできるため、自分のタイミングで気軽に始めることができます。

購入手数料と年会費以外も比較

購入手数料と年会費以外も比較

年間総コストで比較

純金積立を始めるときに購入手数料と年会費が必要です。購入手数料は月々の純金を積み立てる場合にかかる料金であり、年会費は年初に支払う費用になります。現在、国内の純金積立会社では保管料が必要ないため、各社で差があるのは「購入手数料+年会費」の2点です。

すべての純金積立会社を比較すると、購入手数料は無料で年会費がかかる商社、年会費は無料で購入手数料がかかる楽天証券などのネット証券、購入手数料と年会費の両方が必要な溶解業者や鉱山会社といった3タイプがありますが、いずれにしてもネット証券が最安です。

月3,000円を積み立てる場合に他社競合と比較して、年間総コストが安い会社はSBI証券、マネックス証券、楽天証券でした。月1万円の積み立てでも総合ネット証券が業界最安水準です。

次いで気になる会社はCMで有名な田中貴金属工業です。しかしながら、田中貴金属工業は積み立て金額が月3,000円では若干割高です。

これは田中貴金属工業が積立金額で購入手数料を変えているためです。料率設定は「1,000~2,000円は5.0%、3,000~9,000円は3.5%、1万~3万円未満は2.5%、3万~5万円未満は2.0%、5万円以上は1.5%」となります。

積立金額が3万~5万円を超えたあたりからお得感が出て、特に5万円以上になると1.7%となり、極端に手数料が割安になりますが、逆に毎月1,000円や3,000円では割高感が拭えません。

保管方法で比較

純金の保管方法は多くの純金積立会社が消費寄託ですが、SBI証券、田中貴金属工業、石福金属興業などは特定保管としています。

消費寄託とは「お客様が積み立てた金地金の所有権を純金積立会社に移管して、お客様は返還を請求する権利を持つ」ことです。そのために純金積立会社が倒産したときはすべてが戻ってくる保証はなく、返還請求を行うことになります。

一方、特定保管であれば万が一、純金積立会社が潰れても全額保全されているため、積み立てた純金が100%戻ってきます。お客様の純金をしっかり守る特定保管であるがゆえに、多少の年会費が割高になることもあります。

ただし、1つの考え方として「上場しているなど資金が潤沢にある企業であれば、倒産するリスクが極めて小さいため、あえて消費寄託や特定保管は気にしない」ということもありです。

使いやすさで比較

必ずチェックしておきたい純金積立会社は、大手ネット証券のマネックス証券楽天証券SBI証券です。ネット売買の操作性や利便性、総合的なサポート力では上場企業グループのネット証券に分があります。

マネックス証券、楽天証券、SBI証券は金融商品に「国内株、海外株、投資信託、IPO、ETF、債券、FX、商品先物、REIT」などもあり、1つのアカウントですべて管理できます。

ポートフォリオで資産状況を把握しながら、それぞれの口座がつながっているために資金や資産の移管もスムーズですし、スマホツールやアプリの使いやすさもかなり優れています。また、プラチナや銀も積み立てられます。

2011年までは商社や貴金属会社のみが純金積立を取り扱っていましたが、2012年からネット証券が金融商品として手軽に売買できるように設計した結果、今ではネット証券のほうが多くの口座数を獲得しています。

スプレッドで比較

あと1点だけ考慮したい項目はスプレッドです。スプレッドとは「純金に存在する2つの価格の差」のことです。

例えば、私たちが純金を「1g=3,000円」で購入しても、売る場合は「1g=2,930円」になります。小売価格と買取価格の差は70円ということです。このスプレッドは為替や先物でも必ず発生する仕組みです。

ニュースでよく見る「1ドル=110.05~110.10円」という外国為替の表示も、買付価格が110.05円で、売付価格が110.10円という意味になります。

純金積立の場合はこのスプレッドが純金積立会社で若干の差があります。一覧表はスポット購入で比較などに掲載しました。

初心者におすすめの純金積立会社

マネックス証券

ポイント1

総合評価で他社をリード

月3,000~4,000円と貯めやすい価格帯で、年間総コストが業界最安水準の証券会社です。さらにプラチナ積立や銀積立も取り扱っています。

ただ、純金積立会社を購入手数料だけで決めてはいけません。私たちは投資のプロではないため、情報提供量や取引ツールの使い勝手、コールセンターの対応なども重視したいです。

その点ではマネックス証券はオリコンの顧客満足度ランキングで常に上位を獲得しており、特にコールセンターの対応には定評があります。

ポイント2

総合ネット証券だから分散投資できる

長期的にローリスクでしっかりしたリターンの資産運用を期待する場合、金融商品を分散させることが基本です。純金積立に加えて、新興国株式、先進国債券、国内REITなども併せて購入することでしょう。

そのときはあらゆる金融商品を扱っている大手であれば、同じアカウント内で資金移動が簡単にでき、資産状況を把握するためのポートフォリオなども自動的に作成してくれます。

ポイント3

すべての手続きがネットで完結

自分にその投資が合わなかったり、資金不足のときを考えると、途中で休止したり、解約する手続きがスムーズに行えたほうが安心です。

マネックス証券はオリコンの「サービスの満足度」で第1位の評価、ヘルプデスク協会の「問い合わせ窓口格付け」でも最高ランクの三ツ星を獲得しました。何か疑問点が出てきてもスピーディーに対応してくれます。

ポイント1

割安な手数料で分散投資

純金積立では年齢は20~40代、金額は月3,000~1万円という人がボリュームゾーンですが、同時に株やFX、投資信託にも投資する人も多いです。これは分散投資を目的としているためです。

以前、日本株や新興国株、外貨預金に分散していても、リーマンショックでは同時に下がってしまったことで分散の意味をなしえませんでした。

しかし、リーマンショックのときでも金価格は変動率がプラスを保ったため、あらためて注目が集まりました。株やFXなどとはまったく異なる値動きをする純金は、分散投資にも欠かせない金融商品と言えます。

楽天証券では株、FX、投資信託、個人向け国債などに加え、純金も同一ユーザーで管理できるため、全体の資産が把握しやすく、別の証券会社へ資金移動するといった手間や費用がかかりません。

ポイント2

安心の楽天ブランド

楽天ブランドということでセキュリティは安心ですし、楽天証券の資産とお客様の資産は区分管理されているので、万が一、楽天証券が経営危機に陥っても、お客様の資産は100%守られます。

ポイント3

年間総コストが業界最安水準

楽天証券は積立額が月3,000円のケースで年間総コストが業界最安水準ですし、すべてネット上で完結するため、使いやすさも抜群です。

【漫画】プラチナ積立とは?変動幅が大きい金融商品

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2017.08.03
更新日更新日 2017.08.03
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】プラチナ積立とは?変動幅が大きい金融商品
【漫画】プラチナ積立とは?変動幅が大きい金融商品
マンガでわかる金投資 金投資マニュアル
プラチナは和名で「白金」とも呼ばれ、白い光沢と銀色が混ざった美しい金属として存在しています。純金と同じく希少な金属であり、宝飾品や工業製...
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯める魅力
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯める魅力
マンガでわかる金投資 金投資マニュアル
純金は単なる金融商品の1つではなく、それ自体に利用価値がある物質です。例えば、2000年時点の純金の需要は宝飾品が3,000トンあり、全体の80%...
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
10個の金投資を比較 金投資リスト
2015年1月から相続税が増税したことをきっかけに、相続税対策として純金の仏壇や仏鈴を購入する人が増えました。法律上、日常的に使う仏具や神具...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野キリト
中野キリト
NAKANO KIRITO
写真や図解付きで2,000以上の記事を書いてきました。2016年からは会社員や主婦向けの漫画や原作を描いています。
かすが龍。
かすが龍。
KASUGA RYO.
イラストレーター兼漫画家。絵を描ける喜びを噛み締めながら日々生きています。LINEスタンプも製作中です。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK