【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?

「不況に強い純金」

純金は経済や景気が悪化するほどその輝きを増します リーマンショックなどの世界規模の経済危機では それは純金そのものに3つの需要があるからです 金価格は波打ちながらも長期的には上昇傾向にあり 値上がりが期待できます

「守りの資産に最適」

地上に存在する純金は競泳用プールで3.5杯分 18万トンしかありません もちろん金投資にもデメリットはあります それでも将来を見据えると 強固な価値を持つ純金こそが守りの資産に適しています 金投資を始めるときは次の4つが一般的です

「4種類の金投資」

金地金 金貨 純金積立 金ETF

「純金積立でコツコツ」

おすすめは純金積立です 金価格が低い日には多く 金価格が高い日には少なく 純金積立会社があなたに代わって購入します 純金積立に申し込むと プラチナ積立や銀積立にも投資できます ネット証券なら申し込みは最短3分で完了
  1. 純金積立会社の手数料を比較
  2. ゴールドに投資する3つの理由
  3. 貯金感覚で毎月金投資ができる
  4. プロが解決!純金積立の疑問
  5. 純金積立の体験談

純金積立会社の手数料を比較

純金積立は毎月の積立額を指定するだけで、あとは自動的に買い続けてくれる積み立て型の金融商品です。紙くずにはならない純金に手軽に投資できるようになり、今では「自分年金」の1つとして始める人が増えました。

ただし、純金積立会社によって取扱金属や保管方法などが違います。特に買付手数料と年会費を合わせた年間総コストにおいては、すべての純金積立会社を比較してみると、2~3倍以上の差が発生しています。

年間総コスト=買付手数料+年会費

そのため、コスパに優れた主要6社で「月1,000円、月3,000円、月1万円」を積み立てたときの年間総コストを比較してみましょう。長期で資産を預けることになるため、なるべく少ない金額を選びたいです。

会社名 1,000円3,000円1万円
マネックス証券 324円 972円 3,240円
楽天証券 324円 972円 3,240円
SBI証券 259円 777円 2,592円
徳力本店 1,980円 4,080円
石福金属興業 3,600円 3,672円
三菱マテリアル 1,764円 3,864円
田中貴金属工業 600円 1,260円 3,000円

純金積立会社の種類は「ネット証券、金融商品取引業者、鉱産会社、商社、銀行」などに分かれますが、コストの安さと使いやすさから現在はマネックス証券楽天証券SBI証券などのネット証券の口座数が伸びています。

ゴールドに投資する3つの理由

1

商品と投資のダブルで需要がある

純金は単なる金融商品の1つではなく、それ自体に利用価値がある物質です。例えば、2000年時点の純金の需要は宝飾品が3,000トンあり、全体の80%を占めていました。残りの20%は工業製品、投資、歯科用です。

10年後の2010年には宝飾品が1,800トン、投資が1,900トン、工業製品が400トン、歯科用が100トン未満に変化しましたが、純金の不変的な価値は宝飾品や工業製品といった商品としての需要に下支えされています。

商品と投資のダブルで需要があるそれに投資マネーが加わります。特にリーマンショックやギリシャショックのような世界規模の経済危機が起こると、世界中で純金の取引高が急増します。

紙切れになり得る株や為替に見切りを付け、確固たる価値がある実物資産の「金」にマネーを移して、リスクを分散させていくわけです。

このように純金は宝飾品や工業製品に加工される商品としての価値と、世界で何度も売買され続ける投資としての価値があります。

今後、純金は年々埋蔵量が減っていき、生産コストも高まることで、自然と緩やかに金価格は上昇しています。さらに商品以上に投資対象としての売買量も増え、金価格は投資家やファンドの影響を強く受けやすいです。

2

数千年前から人を魅了してきた実績

純金には投資と商品の両面から支持されていますが、その信用力は歴史が証明しています。純金は太古から人間を魅了する金属であり、紀元前1300年代に作られたツタンカーメン王の黄金マスクからもその様子がわかります。

紀元前600~700年前のローマ帝国では通貨となり、1588~1862年には日本でも大判の金貨として流通しました。ちなみに現在は通貨の流通量が純金の流通量を大幅に上回ったため、金貨や記念硬貨のみで取り扱っています。

2014年にはインドや中国の需要だけで純金の生産量の50%に達しました。これは宝飾品や工芸品を日常的に買う文化が背景にありますが、いずれにしても金価格を押し上げてくれます。

先進国でも半導体を使用する電子機器では欠かせない材料ですし、その他の工業製品にも常時使われています。オリンピックでは最高峰の勲章として授与されるように、現在では貨幣以上の価値を持っているわけです。

日本でも純金を使ったジュエリーを売却する人や携帯電話の基板に含まれる純金をリサイクルする仕組みが確立されています。

つまり、純金は数千年前から世界中で認められている物質です。その価値が急落することはない安心感から、現在も「純金の価値が徐々に高まる」と予測して、金投資を始める人が増えています。

3

長期的に金価格が上昇している

純金1gの価格は徐々に上昇しています。1998年に865円に底値を付けてからは「2000年=1,036円、2006年=2,131円、2008年=3,226円、2012年=4,179円、2015年=5,003円」と伸びています。

長期的に金価格が上昇しているもちろん、金価格も株価のように上下変動するため、下落した年もありますが、長期的には徐々に上昇しているわけです。

リーマンショック以降は純金そのものの価値が上昇しているというよりも、株や為替に対する不信感により、金価格が急騰する年も多く、その反動で下落する傾向も見られます。

いずれにしても元々ある純金の需要と純金に投資マネーが流れた影響で、金価格は上がっており、本来の価値との乖離しながらも着実に上昇トレンドを描き続けています。

さらに現在は世界各地で採掘されている純金ですが、原油と同様に「2050年までに枯渇する」とされています。限りある代替の利かない資源においては、供給量が少ないほど当たり前のように価値が上がりやすいです。

供給減と需要増から自然と上昇トレンドを描きやすい背景があるため、純金積立は「リスクの少ない長期的な資産運用」と広く認知されており、日本では超低金利の普通預金ではなく、純金積立に切り替える人もいます。

純金積立は株と違い上場廃止や倒産もありませんし、為替のようにインフレやデフレの影響も受けにくいです。これは世界共通の認識であり、他の金融商品よりも希少価値の高い純金は不安感が抑えられることがメリットです。

貯金感覚で毎月金投資ができる

貯金感覚で毎月金投資ができる

金価格は1年間で最大24%も上下した過去もあるため、1度に大量に買ってしまうとタイミングを見誤って、損をするかもしれません。そのため、徐々に買い増したり、買うタイミングを複数に分ける方法が推奨されます。

そういう意味では「金地金(ゴールドバー)金貨&プラチナ貨純金積立純金工芸品金鉱株・貴金属関連株金投資信託金ETF金CFD金先物取引金限日取引」といった金投資の中で、純金積立が適切です。

純金積立とは月々1,000円などの低い金額で始められる金投資です。証券会社や貴金属会社で口座開設をして、毎月積み立てる金額を設定すると、あとは自動引き落としで積み立て型の金投資がスタートします。

金地金(ゴールドバー)のように数百万円といった多額の現金を支払う必要はありませんし、保管コストや盗難リスクもありません。金価格は不況や有事で値上がりする傾向があるため、分散投資の1つとしても有効です。

純金積立は貯金のような感覚で毎月積み立てていき、投資のように世界の経済状況で金価格が変化していく仕組みです。

純金積立を始める人は長期投資になるため、比較的若い世代が多いです。20~40代がメインユーザーであり、男女とも支持を得ています。

例えば「定期預金は金利0.5%以下と低すぎだが、株やFXではギャンブル性が高い」や「分散投資をしてみたいけれど、価値がゼロになるような投資はしたくない」という考えの人たちに人気があります。

自分が引き出したいタイミングで現金や金地金に交換できるために、株式投資のような気軽さもあり、マネックス証券楽天証券SBI証券などのネット証券では、ネット上で一時休止や解約もスムーズにできるために便利です。

純金積立の注意点としては、売買時に他の金融商品と同様に購入手数料や年会費が発生します。また、株のような配当や優待は付かず、定期預金のように利息も発生しません。金価格の上昇幅のみに期待します。

また、元本が保証されていないです。純金積立は金投資の1つですので、純金の価値は決してゼロになりませんが、金価格が下がるとその分は損することはリスクとして認識したいです。

プロが解決!純金積立の疑問

プロが解決!純金積立の疑問

なぜ純金は不況時に価格が下がりにくいのでしょうか?それが起こる背景も知りたいです。

世界の経済と政治が安定していて、日本経済も健全であれば、資産運用にはそこまで神経質にならなくても大丈夫です。株式投資、為替、不動産などに分散をすることで資産運用は成功するでしょう。

しかし、過去にリーマンショックやギリシャショックが起こり、現在も至るところにリスクが存在する環境下では、とても攻めの投資はできません。特に日本経済は問題が山積しており、経済が浮上できないでいます。

そこで将来に備えようと、先ほどの株式投資、為替、不動産にいくら分散投資をしても、すべてが日本経済と繋がっているために安全ではありません。海外の金融商品も同じで、世界経済の影響を受けやすいです。

だからこそ、私たちは「経済とリンクしていない金融商品」を持つことを始めたいです。その代表が純金になります。純金はその存在自体に装飾品、代替通貨、工業製品としての価値があり、独立した値動きが特徴です。

地政学的リスク、信用不安リスク、インフレリスクに強く、世界的不況で株や為替が紙切れになり、不動産価格も暴落しても、それで行き場を失った投資マネーは純金に集まりやすく、金価格を押し上げてくれます。

また、仮に日本経済だけが悪化して、貿易収支などが下がり、過度の円安になったとしても、純金はドル建てベースで直接売却できるために、資産価値が目減りするリスクも回避できます。

金投資のデメリットは何でしょうか?

純金には預貯金のような利息が付きませんし、元本保証でもありません。株式投資のような配当や優待も貰えないです。金価格は変動率も緩やかであるため、株やFXなどのように1年で価格が2~3倍に上がることもありません。

私たちは長期的な金価格の上昇に期待するだけです。ただし、純金は保険的な位置づけであり、万が一のリスクのときに売却する目的で購入する人も多いため、全資産に対する金投資の割合は10~20%が適切です。

なぜ金価格には小売価格と買取価格があるのでしょうか?

小売価格とは店頭で個人が買うときの価格、買取価格とは個人が店頭に売るときの価格です。この2つの価格は小売価格が「1g=4,000円」、買取価格が「1g=3,920円」のように開きがあります。

これは金価格だけではなく、外国為替などでも使われているスプレッドという価格差で、実質的な手数料です。仮に買いと売りを同時にしたとき、私たちは「3,920-4,000=-80円」で、一時的に損するようになっています。

スプレッドは手数料であるため、純金積立会社によって異なります。2017年6月時点では80円/gが平均的な相場でした。スプレッドは取引金額の1~3%で推移していますが、できる限り小さい純金積立会社を選びたいです。

純金の売買には消費税が上乗せされるのでしょうか?

店頭で販売している純金の小売価格には消費税が含まれており、個人が売却する際に適用される買取価格にも、消費税が加算されます。ただ、個人は消費税が加算された純金を取引しても、消費税の納税が免除されています。

そのため、純金を保有している最中に消費税が上がると、消費税が上がった分だけ利益も増えます。その影響で消費税引き上げが決定した途端、一時的に純金に買いが集まったりもします。

純金を買いたくても買うタイミングがわかりません。

純金は株や為替と同様に日々価格が変動する金融商品です。金価格が変動する要因は多岐にわたるため、買い時や売り時を判断することは簡単ではありません。その点を配慮した仕組みが純金積立です。

純金積立では毎月指定した金額を預け、毎日定額で買い続ける積み立て型を採用しています。時間を分散することで、割高な金価格のときに1度に購入してしまうリスクを減らすわけです。

金価格は長期的には上がっていますので、平均的な価格で買い続けていれば、売却時には一定の値上がり幅が期待できるでしょう。いつの間にか貯まっていく純金積立は、購入タイミングをずらしてくれる賢さがあります。

純金は円高のときに買ったほうが得しやすい理由は何でしょうか?ドル建て価格と円建て価格があると聞きました。

世界で取引される純金はドル建てです。ドル建てとは「1oz=1,000ドル」のように、純金の価値を米ドルに換算することです。1oz(トロイオンス)は31.1035gであり、国際価格では「1,000ドル/oz」と表記されます。

一方、日本国内では円建てで取引されます。円建てとは「1g=4,000円」のように、純金の価値を日本円に換算することです。ただ、円建てはドル建ての金価格を基にして、再計算します。

例えば「1oz=1,000ドル」のとき、当日の為替レートの「1ドル=100円」で円建てに換算すると「1oz=10万円」となります。

そのため、ドル建ての金価格が一定でも、円高で「1ドル=90円」になると国内価格は「1oz=9万円」に下がって割安となり、円安で「1ドル=110円」になると国内価格は「1oz=11万円」に上がって割高となります。

また、国内ではグラム単位で取引されるため、重量も換えると「31.1035g=10万円」となり、これを1gあたりの金額にすると「10万円÷31.1035g=3,215円」で、国内の金価格が「3,215円/g」と表示されます。

純金などの保有中に税金はかかりますか?

不動産などの実物資産は固定資産税が発生しますが、同じ実物資産でも純金やプラチナなどの貴金属の場合は、含み益のあるなしに関わらず、課税されることはありません。

売却時に利益が出た場合は税金がかかりますか?

純金の地金やコインを売却して利益が出たときは、譲渡所得として課税対象になります。純金積立を利用して購入した純金についても同様であり、確定申告では給与などの所得と合算して、所得税を計算します。

ただし、純金の売却益は年間50万円までの特別控除枠が利用できるため、純金積立では1年間で50万円以上の売却益を得ないように、小分けして換金したほうが税制面ではお得です。

また、純金では保有期間が5年以内は短期譲渡所得、5年以上は長期譲渡所得として扱われます。その際、長期譲渡所得に対する課税は短期譲渡所得の50%と定まっているため、純金は5年以上保有したほうが利益が増えます。

純金を売却するときに運転免許証やマイナンバーが必要ですか?

純金の地金やコインを売却する際は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類とマイナンバーが記載された住民票やカードが必要です。

また、売却代金が年間200万円を超えたときには、買取業者が売却した個人の氏名、住所、マイナンバー、取引対象や金額を記載した支払調書を税務署に提出する義務があります。

純金積立の体験談

私が純金積立を続ける理由
2017.09.03
40代 男性 投資歴13年

純金積立とは毎月一定の金額で純金を購入していくシステムです。現金積立と同様に、毎月指定した金額が自動的に金融機関から引き落としされ、積み立てに回されます。

金価格は毎日変動しますので、株価のように得をする場合もあれば、損をする場合もあります。中には「必ず儲かる」と考える人も少なくないですが、実際は違います。

経済指標や社会情勢により金価格が下落し、元本を割る可能性があることもリスクとして捉えたいです。

ただ、純金の価値は2000年から右肩上がりに伸び続けているため、早めに始めて長く投資するほど、平均購入単価も割安になるメリットがあります。私も純金積立を続けて13年になりますが、大幅のプラスとなっています。

そもそも純金は世界中で通用するので、仮に日本が不景気であっても影響せずに、金価格は上がっていく可能性が高いです。

手数料が安いところで長期投資
2017.07.31
20代 男性 投資歴2年

取り扱っている会社によって違いはありますが、毎月1,000円くらいから始められますので、若い人でもお小遣い程度の金額で続けられます。

毎月の積立金額によって違ってきますが、初回限定のキャンペーンとしてギフトカードやポイントプレゼントしてくれる会社もあります。純金積立会社によりサービスが異なりますので、まずは資料請求で比較してみましょう。

気になる手数料も詳しくチェックできますし、資料の内容から会社の信用度が伝わってくるものです。納得のいく取扱会社を見つけたのち、積み立てを始めると安心感も高まります。

例えば、マネックス証券は大手ネット証券で使いやすく実績もあり、業界最低水準の手数料です。楽天証券も割安な手数料はもちろん、安心感と操作性に優れていて、楽天ポイントも貰えるためにかなり人気です。

世界共通の価値が認められている純金の価格は、ゆっくりと価格が上がっています。これを機に賢い資産運用として純金積立を始めてみましょう。

途中で売ると損する可能性あり
2017.08.11
30代 男性 投資歴5年

純金積立で毎月分散して積み立てるとしても、結局はタイミング次第です。2012年10月に始めたときは1g=4,556円でしたが、1年後の2013年10月には1g=4,284円まで下がってしまいました。

そこで売ってしまったため、約6%の損です。その後、金価格は元に戻っているため、純金積立は長期投資すると決めた人のみに向いていると痛感しました。

【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.12.22
更新日更新日 2017.09.23
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
純金積立は長期でお付き合いすることになるため、なるべく手数料が安い会社を選びたいです。ただ、年間総コストを意味する「毎月の購入手数料+年...
金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品
金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品
投資信託とはたくさんの個人から集めた資金をプロが運用代行する金融商品です。投資会社のファンドマネージャーが市場を分析して、銘柄選びや売買...
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
商品先物とは「決められた価格で決められた日時に売買すること」を約束する取引です。一般的には純金、プラチナ、銀、パラジウム、原油、ガソリン...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野キリト
中野キリト
原作・執筆・編集
写真や図解付きで2,000以上の記事を書いてきました。2016年からは会社員や主婦向けの漫画や原作を描いています。
かすが龍。
かすが龍。
作画
イラストレーター兼漫画家。絵を描ける喜びを噛み締めながら日々生きています。LINEスタンプも製作中です。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK