金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品

金投資信託の基本データ

総合 4.0点4.0
評価
必要資金 5,000円~(2016年3月時点)
購入先

1%程度の手数料を払って運用してもらう

1%程度の手数料を払って運用してもらう

投資信託とはたくさんの個人から集めた資金をプロが運用代行する金融商品です。投資会社のファンドマネージャーが市場を分析して、銘柄選びや売買タイミングを決めてくれます。

世界には優秀なリターンが期待できても、海外の一部の証券会社が扱っていたり、100万ドル単位でしか売買できないなど、個人には手の届かない金融商品が多数存在しますが、投資信託ではそれらも買うことができます。

購入単位は1口数千円~1万円前後であり、毎月積み立てる投信積立も人気です。マネックス証券楽天証券などの大手ネット証券であれば、ネットやスマホでも株と同様に手軽に売買できて、資産管理もしやすいです。

購入した投資信託が上昇すると、投資信託の基準値が上がり、その上がった分が私たちの値上がり益になります。さらに投資信託はその値上がり益に応じて、年1回や月1回分配金を受け取れたりもします。

例えば、海外の株式、債権、純金に分散投資をするピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(毎月分配型)は、2015年12年時点で約272億円の資金が集まっており、1口1万円程度で購入することができます。

過去3年間のトータルリターンは+3.76%であり、さらに1口あたり毎月30円の分配金が支払われています。

また、投資信託にはリスクの高い商品とリスクの低い商品があります。新興国株のみを運用する投資信託はハイリターン・ハイリスクです。プロが運用していても損失を出して、元本割れすることもあります。

投資信託をリスクの高い順に並べると「新興国株、先進国株、日本株、新興国不動産、先進国不動産、国内不動産、純金、新興国債権、先進国債権、国内債券」となります。

基本的にリターンとリスクは比例し、金投資信託は不動産と債権の間に位置します。また、先ほどのピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(毎月分配型)のように、株式、債権、純金をミックスしたタイプも人気です。

金投資信託を購入するメリットとデメリット

8個ある金投資信託のメリットと魅力

  1. 1回数千円~1万円前後で純金に投資できます。
  2. 初期設定のみで毎月自動引き落としされる投信積立も便利です。
  3. ドルコスト平均法が使えるため、価格変動リスクが抑えられます。
  4. 少額投資ができるため、分散投資の1つにできます。
  5. 株やFXと同様にすべて取引がネット上で行えます。
  6. 現物を所有しないため、保管料や盗難リスクが発生しません。
  7. 世界経済が不安定なときに、基準価額が上がりやすいです。
  8. 定期的に分配金が貰える金投資信託が揃っています。

5個ある金投資信託の注意点やリスク

  1. 金投資信託では初回に0.5~1.5%程度の申込手数料が発生します。
  2. 資産額に対して毎年0.5~2%程度の信託報酬を支払います。
  3. 売却コストである信託財産留保額が発生する投資信託もあります。
  4. 世界経済が好調なときは基準価額が下がりやすいです。
  5. プロが運用していても元本割れするリスクがあります。

私たちが証券会社で投資信託を買うと、証券会社は集めた資金を信託銀行に渡して、信託銀行はファンドの指示で売買をしています。証券会社が販売、信託銀行が管理、ファンドが運用と役割分担しているわけです。

そのため、私たちは証券会社に初回のみ申込手数料を支払い、信託銀行やファンドに毎年信託報酬を納めます。売却時に信託財産留保額として0.5%程度の手数料を取る投資信託もありますが、その数は少ないです。

むしろ、投資信託全体では証券会社、信託銀行、ファンドをグループ会社などで一括管理したり、ネット証券によるコストダウンのおかげで、初回の申込手数料が0%であるノーロードが増加傾向にあります。

金投資信託では手数料の相場は申込手数料が0.5~1.5%程度、信託報酬が0.5~2%程度です。もちろん、手数料は安いほうが魅力的に見えますが、投資信託を選ぶときはトータルリターンや騰落率なども重要視したいです。

数種類ある金投資信託の銘柄リスト

金投資信託の銘柄を選ぶときはコストである申込手数料と信託報酬を必ずチェックします。特に信託報酬は毎年発生するために注意したいです。金価格の上昇率を考えると、金投資信託では信託報酬は1%台に抑えましょう。

次にトータルリターンと騰落率で運用実績を比較します。金価格の下落によって一時的に-10%や-20%することもありますが、多くのネット証券では過去5~10年分のデータが見られるため、長期的な視点で捉えたいです。

続いて、基準価額のグラフ、純資産総額のグラフ、分配金の有無を確認します。基準価額は上昇傾向で運用実績が優れていることを示します。純資産総額が増えていると人気が上向きの投資信託になります。

分配金は多いほうが優秀な投資信託と勘違いしやすいですが、分配金は投資信託の運用で発生した値上がり益を定期的に還元しているだけです。それよりも値上がり益を常に再投資して、複利を狙う無分配のほうがお得です。

名称 申込手数料 信託報酬
三菱UFJ純金ファンド1.08%最大0.972%
MHAM金先物ファンド1.08%最大1.242%
ピクテ・ゴールド・インカム・ファンド1.62%最大1.5172%
ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(毎月分配型)1.08%最大2.1384%
ステートストリート・ゴールドファンド1.08%最大1.5172%
ブラックロック・ゴールド・ファンド1.08%2.16%

特にマネックス証券楽天証券などの大手ネット証券はトータルコストが安く、データやグラフもわかりやすいためにおすすめです。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.03.30
更新日更新日 2017.05.12
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金価格は需要増と供給減が重なって、長期的に上昇しやすい環境が整っています。しかし、世界的な好況が続くと、投資マネーは利息や配当も付かない...
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
2015年1月から相続税が増税したことをきっかけに、相続税対策として純金の仏壇や仏鈴を購入する人が増えました。法律上、日常的に使う仏具や神具...
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
プラチナは和名で「白金」とも呼ばれ、白い光沢と銀色が混ざった美しい金属として存在しています。純金と同じく希少な金属であり、宝飾品や工業製...
金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる
金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる
今までの金投資は金地金や金貨を一括購入したり、純金積立で毎月少額ずつ買うなど、現物を取引することが一般的でした。それが金価格に連動する金...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK