ドルコスト平均法とは定額積立!価格が安いときに多く買う

平均の取得価格が低くなるように買い付ける

平均の取得価格が低くなるように買い付ける

仮に「銀行口座から毎月3万円を自動引き落としで、純金に投資をしている」場合、純金積立会社はその月の初日に3万円分を一括購入するのではなく、全営業日に分散させて購入しています。

1カ月が20営業日であれば、20日間同じ金額ずつ買い付けています。毎日同じ金額ですので、価格の高いときには少ししか買わず、価格が低いときにはたくさん買えます。これを「ドルコスト平均法」と呼びます。

3万円÷20営業日=1日あたり1,500円

例えば、Aさんは金額が固定で量が変動である「定額積立」で毎日1,500円、Bさんは金額が変動で量が固定である「定量積立」で毎日0.5gを購入します。どちらもドルコスト平均法です。

その月は20営業日があり、両者とも買付金額は平均3,000円でした。しかし、この場合はAさんのほうがBさんよりも得をします。

日数金価格定額積立定量積立
13,000円0.50g
1,500円
0.5g
1,500円
22,900円0.52g
1,500円
0.5g
1,450円
32,800円0.54g
1,500円
0.5g
1,400円
42,500円0.60g
1,500円
0.5g
1,250円
53,100円0.48g
1,500円
0.5g
1,550円
63,200円0.47g
1,500円
0.5g
1,600円
73,300円0.45g
1,500円
0.5g
1,650円
83,200円0.47g
1,500円
0.5g
1,600円
93,000円0.50g
1,500円
0.5g
1,500円
102,900円0.52g
1,500円
0.5g
1,450円
113,000円0.50g
1,500円
0.5g
1,500円
122,900円0.52g
1,500円
0.5g
1,450円
133,100円0.48g
1,500円
0.5g
1,550円
143,200円0.58g
1,500円
0.5g
1,300円
153,100円0.45g
1,500円
0.5g
1,650円
162,700円0.56g
1,500円
0.5g
1,350円
173,200円0.47g
1,500円
0.5g
1,600円
183,100円0.48g
1,500円
0.5g
1,550円
192,800円0.58g
1,500円
0.5g
1,300円
203,000円0.42g
1,500円
0.5g
1,800円
合計10.08g
3万円
10.00g
3万円

同じ3万円でも定額積立のAさんは10.08g、定量積立のBさんは10.00gとなり、AさんはBさんよりも「0.08g=0.8%」ほど得しています。

ただし、ここではAさんとBさんの損益の差は、さほど重要ではありません。Aさんの定額積立のほうがBさんの定量積立よりも、統計的には若干得をするケースが多いというだけです。

問題は第三者であるCさんです。毎日ドルコスト平均法で積み立てずに、1度に購入したとします。例えば3万円分を7日に1度に買った場合、上記のケースでは「3万円÷3,300円=9.09g」しか買えません。これが1カ月に1度や1年に1度になると、より損失リスクが高まります。

AさんとBさんはドルコスト平均法で問題ありません。一方、Cさんは購入価格を分散しなかったため、確かにハイリターンで得をすることもあり得ますが、統計的には損をする確率が高いです。

純金積立ではドルコスト平均法がお得

定額購入のAさんはドルコスト平均法です。今回は1カ月間でしたが、10年間ではBさんとの差が「0.08×12カ月×10年=9.6g」になり、Cさんとの差は実に「0.99×12カ月×10年=118.8g」に広がります。

そのときの金価格が「1g=3,000円」から5,000円に上がっていた場合、Cさんは237,600円も損をしてしまいます。これは「買いシグナルを分析した」や「トレンドにうまく乗れた」のような投資の知識ではなく、単純に買い方を変えただけです。

先程の例では3,000円だった価格が変動しながら、20営業日後も同じく3,000円でしたが、たとえ「価格が変動しながら右肩上がりになる」や「価格が変動しながら右肩下がりになる」でも、ドルコスト平均法のほうがお得です。

ドルコスト平均法が損をするケースはストレートな右肩上がりです。ドンドン価格が上がっているときは、当たり前ですが、早めにたくさんのお金を費やしたほうが儲かります。

一方「価格が徐々に高くなり、最終的に当初の価格よりも高くなる」や「価格が下落傾向だったが、最終的には当初の価格よりも高くなる」ときは、ドルコスト平均法が最も効果を発揮します。

その点、金価格は「上下に波打ちながら、徐々に価格が上がっていく」とされているため、「短期間では価格が上がるか下がるかは予測しにくくても、長期的には変動しながら右肩上がりになる」ケースに当てはまりまり、ドルコスト平均法が最適と判断できます。

純金積立では世界中で通用する実物資産の純金を、毎日一定量を購入し続けるので、ドルコスト平均法で価格変動リスクを回避する必要があるでしょう。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2011.03.25
更新日更新日 2015.08.04

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
4種類の金投資を比較!コツコツ貯める方法はローリスク
4種類の金投資を比較!コツコツ貯める方法はローリスク
金投資をする場合、主に「ゴールドバー、投資金貨、金ETF、純金積立」の4つが比較できます。いずれも市場の金相場が購入価格のベースになります...
金地金はハイリターン投資!純金積立や金ETFが初心者向き
金地金はハイリターン投資!純金積立や金ETFが初心者向き
純金積立とは違って、実際に純金の現物を購入する方法です。一般的に5、10、20、50、100、200、300、500g、1kgのゴールドバーを純金販売...
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金価格は需要増と供給減が重なって、長期的に上昇しやすい環境が整っています。しかし、世界的な好況が続くと、投資マネーは利息や配当も付かない...
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?
純金は単なる金融商品の1つではなく、それ自体に利用価値がある物質です。例えば、2000年時点の純金の需要は宝飾品が3,000トンあり、全体の80%...
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
プラチナは和名で「白金」とも呼ばれ、白い光沢と銀色が混ざった美しい金属として存在しています。純金と同じく希少な金属であり、宝飾品や工業製...