2000年以降は上昇トレンド!金価格は400%以上にアップ

純金で保障されてきた世界の通貨

価格が激しく動いた4つの歴史

これから純金積立を始める方は、今後の金価格の動きを予測したいです。ちなみに過去の瞬間最高値は1980年の「1g=6,945円」であり、瞬間最安値は1998年の「1g=865円」でした。

過去の変動し続けたトレンドをある程度知ることで、将来の値動きも把握しやすくなります。加えて、以前に純金が通貨の指標になった経緯も抑えておきましょう。

古来に純金が通貨として、利用されてきた歴史があります。その後、200年以上前の1800年代頃から各国で紙幣が登場しました。

この紙幣の価値を有効にするために「1紙幣=純金○○g」の価値があると定めました。この制度を「金本位制」と呼び、通貨の信用を裏付けるために「紙幣は純金と交換できること」が保障されてきたわけです。

しかし、1929年に世界大恐慌が起こると、紙幣の価値は著しい変動を伴います。純金との交換レートに安定性を見出せず、金本位制は崩壊していきました。

それでも1945年の第2次世界大戦が終わった後、戦争に勝利したアメリカは米ドルを世界的な通貨に押し上げるべく、やはり、純金と米ドルを等価で交換できる金本位制を復活させます。

そのため、米ドルの価値は次第に世界で認められて、純金を始めとした石油や穀物などの多くの国際的な取引に米ドルが用いられるようになりました。

しかし、米ドルが人気となるに連れて、米ドルの発行数が急激に伸びたために、純金の流通量よりも米ドルの流通量がはるかに上回ってしまい、純金と米ドルの交換が保障できなくなりました。

その結果、純金は金本位制から「変動相場制」という自由に価格が変動する投資商品として、世界中の投資家の注目を集めていくことになります。

価格が激しく動いた4つの歴史

価格が激しく動いた4つの歴史右は年間平均の金価格の推移です。一時的な急騰後に最高値を付けて急落しました。その後は低調に推移していましたが、現在は上昇トレンドを描いています。

これを見ると、2000年以降であれば「上昇トレンドに乗れる」ことがわかりますが、すべての過去において金価格が安定していたわけではありません。

1973年に純金が国際的に売買されるようになると、その価格は世界のあらゆる経済状態に左右され、揺れ動くことになります。始めに大きく値を上げたのは、取引されて間もない1973~1974年です。この年に第1次オイルショックが起こり、石油産出国が輸出を停止しました。

このために石油価格は高騰します。燃料という形であらゆる商品には石油が使われているために、石油価格が高騰すると物価は上がり、インフレ傾向になります。

インフレ下では通貨の価値が相対的に下がります。同じ1万円でも物価が高いので購入できる量は少なくなるわけです。

それに伴い、国際的な金融不安から通貨の信用性が低くなっていき、資産を純金に鞍替えする人が増えました。これにより1971年に「1g=775円」だった金価格は、1977年に「1g=1,341円」まで上昇します。

このような通貨の信用性を失う現象は有事でも同様でした。第2次オイルショックによるインフレに加え、石油産出国である中東が緊迫化したため、1979~1980年に円建ての金価格は「1g=5,000円」を突破し、史上最高値の6,945円をつけました。

さらにソ連がアフガニスタンに侵攻、イランがアメリカ大使館職員を人質にする事件が発生、イランとイラクが戦争を始めます。

しかし、高騰した純金も事態が収束に向かえば、一過性の現象として捉えるようになり、インフレ政策や国際情勢の安定化も続いて、通貨は信用を取り戻します。

1989年のバブルで日経平均が4万円を超えたときには、投資マネーが株に流れて「1g=1,725円」まで下がりました。その後の2000年まで需要の低下もあり、金価格は下落の一途を辿ります。

2000年から金価格は300%上昇

日本のITバブルの時期と同じく、世界中で盛り上がった景気の拡大と株価の高騰で、利息や配当がないローリターンの純金は魅力が下がってしまいました。

しかし、2000年の「1g=1,014円」からは下げ止まります。ITバブル発のマネーゲームも終了し、世界経済にも陰りが見えたからです。この2000年から金価格は上場トレンドを描きます。

2001年にはニューヨークを同時多発テロが襲いかかります。これで本来の価値と乖離するほど、金価格が急上昇していきました。

その後はアメリカを有事へと向かわせることになり、直後にアフガン戦争、2003年にイラク戦争へと拡がりを見せました。この行動で世界中の社会経済が不安定の局面を迎えることになり、その間に金価格は着々と値上がりしていきます。

外交や軍事も大切ですが、根本の経済を立て直すために、大規模な金融緩和、大型減税、株式市場の制限撤廃など、米国政府は特別な政策に打って出ますが、今度は2007年にサブプライムローン問題が起こります。

今までの施策をあざ笑うかのように、市場の混乱を招いてしまいました。株価が低下しながら米ドル安と原油高が加わり、2008年に決算を迎えてもその傷跡は底が見えない状態となります。

2008年のリーマンショックでは借金や債券を返済するために、大量の現金が必要となり、一時的に金価格は下がりましたが、やはり、長期的な不況が予測されると、マネーは純金に回帰します。

そのために機関投資家は株式市場から手を引き、純金への中長期の投資に参入、金価格は上昇し続けていきました。年金基金を株式投資から純金積立に移管する会社が増えるほど、投資対象は大きく変わりつつあります。

2000年に「1g=1,014円」を付けたあとは、2003年に1,399円、2006年に2,287円、2009年に2,951円、2012年に4,321円と4倍以上になっています。

過去のような急落は2度とない

これからも「上がる」と言われている純金ですが、長期で積み立てていくには将来を予想すると共に、過去の状況も把握しておいたほうが安心です。

純金は右肩上がりに推移してきたわけではありません。株価よりも乱高下が発生したことが何度もあります。実際に1980年に純金積立を開始した人は、2008年の価格では約2/3までに落ち込んでいます。

1998年に金価格は「1g=865円」の最安値を更新しましたが、仮に1980年に買って1998年に売った場合、評価額は16~20%に陥っています。

一方、2000年以降は金価格が上昇傾向です。2008年になると3,200円から2,500円まで下がりながらも、再び「1g=3,000円」に上昇しました。これからの金価格も多くの需要に供給が追いつかず、その価値は維持されるでしょう。

むしろ、リーマンショックにも見られるような「世界同時不況にも柔軟に対応できる資産が純金積立である」とも言えます。

2009~2011年も純金の投資需要は増え続けてましたし、中国やインドなどの新興国の宝飾品需要や日本などの製造国における工業用需要も必要不可欠です。このことから経済が安定して景気が回復しても、金価格が急落することはまずありません。

2012年には「1g=4,321円」を付けて、1980年の最高値に購入した人も元を取れますし、1998年の最安値に購入した人であれば500%も価値が上がっています。

2013年は「1g=5,026円」から1日で4,408円まで下げたことがありました。このときは618円安と過去最大の下げ幅でしたが、結局は上下する波の1つになり、価格は次第に戻っていきます。

総括すると、過去には突発的な最高値や最安値が発生した事実もありますが、2000年以降の純金は分散投資の1つとしての役割が高まり、さらに宝飾品や工業用需要が伸びているために「今後は価格が急落することはない」と考えられます。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.04.20
更新日更新日 2015.08.04

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
会社員のための純金積立!銀行に預けていてはもったいない
会社員のための純金積立!銀行に預けていてはもったいない
月1万円を積み立てるときの購入手数料は、例えばマネックス証券では3,260円がかかります。これは年率2.7%に換算できます。すべての純金積...
金価格が変動する要因!短期的には投資マネーの影響を受ける
金価格が変動する要因!短期的には投資マネーの影響を受ける
純金は世界中で24時間売買されているため、価格が常に変化しています。その中でも世界中の金地金の在庫が集まっているロンドン金市場が、世界中...
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
プラチナは和名で「白金」とも呼ばれ、白い光沢と銀色が混ざった美しい金属として存在しています。純金と同じく希少な金属であり、宝飾品や工業製...
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
純金積立は長期でお付き合いすることになるため、なるべく手数料が安い会社を選びたいです。ただ、年間総コストを意味する「毎月の購入手数料+年...
金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる
金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる
今までの金投資は金地金や金貨を一括購入したり、純金積立で毎月少額ずつ買うなど、現物を取引することが一般的でした。それが金価格に連動する金...