金価格が変動する要因!短期的には投資マネーの影響を受ける

純金を取り巻く需要と供給

純金を取り巻く需要と供給

純金は世界中で24時間売買されているため、価格が常に変化しています。その中でも世界中の金地金の在庫が集まっているロンドン金市場が、世界中の金価格の指標です。

ロンドン金市場ではイングランド銀行の監視下で、顧客の注文に応じて実取引がするマーケットメーカーが売り買いをしています。このロンドン金市場での現物取引のことを、一般的には「ロコ・ロンドン」と呼んでいます。

ロコ・ロンドンでは米ドルで売買するので、ドル建ての金価格です。それを日本国内では円建ての金価格に換算し、純金の輸送費や保険料、製錬費用を加えた価格で取引されます。

海外のドル建てと国内の円建てに共通して、金価格が決まるまでには多くの需要と供給が関連しています。

純金を需要と供給の流れまず純金には商品と通貨としての二面的な特徴があり、その両方で長期的な価値が高まっています。

純金を1つの商品としてみた場合、需要が供給を上回れば価格は上がり、需要が供給を下回れば価格は下がっていきます。

例えば、世界中に存在する純金を集めると、宝飾品に使われているシェアが高いですが、年間では中国やインドなどの一部の新興国を除いて、宝飾品としての需要は減ってきています。

この結果、金価格が下がるはずですが、代わりにパソコン、携帯電話、液晶テレビなどの電子機器の需要が伸び、商品としての価値は保たれているため、激しい値動きにはなりません。

ただし、それら宝飾品や工業用などの需要よりも、現在は投資目的の影響力のほうが強くなっています。年間の需要では2009年に宝飾品を追い越して、民間投資が第1位になりました。

投資マネーが金価格を大きく動かす

純金は商品の需要よりも通貨、つまり、投資マネーの影響力が強いため「経済、金利、為替、物価、原油、株、有事」などが価格変動に密接に関わってきます。

要因金価格上昇金価格下降
需要増加減少
供給不足過剰
生産コスト上昇コスト低下
経済不安定安定
金利下降、割安上昇、割高
為替ドル高円安ドル安円高
物価インフレデフレ
原油高い安い
株価株安株高
消費税アップダウン
中央銀行購入放出
投資家マネー流入マネー流出
生産者戻し売り
有事戦争やテロ平和

例えば、基軸通貨である米ドルが安くなると、ドル建ての金価格は値上がりします。これは仮に1カ月で大幅なドル安になったとしても、1カ月では純金の価値が変わらないからです。米ドルだけが安くなり、購入できる純金の量が減ります。

過去にも急激なドル安になったときに、純金「1g=50ドル」が短期間で60~70ドルまで上昇したことがありました。逆にドル高になるとドル建ての金価格は下落します。

一方、ドル安でドル建ての金価格が上昇したとき、円建ての金価格も一緒に上昇傾向になりそうですが、ドル安のときは円高になりやすいために、強い日本円でドル建ての純金を安く購入でき、円建ての金価格はそこまで値上がりしません。

純金「1g=50ドル」のとき、為替レートが「1ドル=100円」なら5,000円ですが、「1ドル=80円」では4,000円になったりします。このように為替レートは金価格にダイレクトに影響します。

日本に住む私たちは基本的に円建ての純金を購入しますので、円高のほうが純金を割安で購入できたりします。

以前にも2009~2010年にドル安円高が続いた結果、ドル建ての国際金価格は2008年11月の759ドルから2010年11月の1,370ドルまで181%も上昇しましたが、国内金価格は2,433円から3,665円と151%に留まりました。

ただ、約151%も上がっているように、米ドルが安くなったときは投機マネーが株や債券ではなく、安全資産の純金にシフトするケースも多いため、ドル建ての金価格が上昇すると同時に円建ての金価格も上昇傾向になることは間違いありません。

また、米ドルだけではなく、世界各国で不況が連鎖するといった通貨全体の信用不安が訪れた場合も、ただの紙切れでしかない紙幣より商品としての価値もある純金への買い換えが増え、金価格が上がります。

「原油価格の下落で値上がりし、上昇では値下がりやすい」
「有事になれば金価格は値上がりし、均衡が取れると値下がる」
「インフレで値上がりし、デフレで値下がりしやすい」

これらも為替同様に金価格を動かす一要因に過ぎません。こう考えると金価格の変動要因は複雑に思えますが、これはあくまで短期間での捉え方です。私たちは長期間、純金積立に投資します。

この場合は純金は作物と違って気候変動の影響もなく、すでに地球上にある埋蔵量が知られています。他の影響で価格は変動しますが、純金そのものの希少性は一定であり、その価値は「緩やかな上昇傾向にある」ことを覚えておきたいです。

金価格が下がり続けることはない

純金はよく「国籍のない通貨」に例えられます。世界各国の誰しもが認める価値と信頼がある金融資産です。

為替は国が危機に瀕すると価値が下がりますし、株は会社が倒産すると価値はなくなります。純金と同じくらい人気があった原油でさえ、使ってしまえば消えてなくなる物質で、純金のように再利用もできずに残ることはありません。

純金はたとえ世界中の国々が金融危機に陥っても、価値は下がらずにむしろ上がりますが、仮に「世界中が平和で好景気に溢れると、金価値は下がる」というわけでもないです。

この場合は逆に通貨としてではなく、工業用の商品としての価値は高まり続けるので、需要がなくなることはありません。

ただし、純金には爆発的な需要がない分、急激な値上がりは期待できないです。確かに採掘はしにくくなっていますが、まだ在庫は十分にありますので、突発的な供給量の減少も起こりません。

しかし、価格変動が少ないからこそ純金積立に最適とも考えられます。ゆっくりと価格が上がっていくからこそ積み立てに適しているわけです。もし急激な上昇や下落が発生するのであれば、ハイリスク・ハイリターンの商品になってしまうでしょう。

商品としての存在価値を保持しつつも、通貨にもなる投資マネーとして捉えられることは、純金特有の魅力です。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.04.20
更新日更新日 2016.02.07

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
2000年以降は上昇トレンド!金価格は400%以上にアップ
2000年以降は上昇トレンド!金価格は400%以上にアップ
これから純金積立を始める方は、今後の金価格の動きを予測したいです。ちなみに過去の瞬間最高値は1980年の「1g=6,945円」であり、瞬間最安値...
レアメタルの需要と埋蔵量!純金やプラチナも希少金属
レアメタルの需要と埋蔵量!純金やプラチナも希少金属
レアメタルとは有限である地球の資源の中で、比較的に少量しか取れないにもかかわらず需要が高い金属のことを指します。純金もすでに地球上で2/3...
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
2015年1月から相続税が増税したことをきっかけに、相続税対策として純金の仏壇や仏鈴を購入する人が増えました。法律上、日常的に使う仏具や神具...
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金鉱株・貴金属関連株 - 金価格と相関している銘柄に投資
金価格は需要増と供給減が重なって、長期的に上昇しやすい環境が整っています。しかし、世界的な好況が続くと、投資マネーは利息や配当も付かない...
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
純金積立は長期でお付き合いすることになるため、なるべく手数料が安い会社を選びたいです。ただ、年間総コストを意味する「毎月の購入手数料+年...