純金の相続税と贈与税!相続するなら死亡前の贈与税がお得

純金積立の相続税は10~50%

純金積立の相続税は10~50%

相続税とは親族などが死亡したことにより、財産を譲り受けた者に対する国税です。遺言によるケースも遺贈(いぞう)と呼ばれ、同じく相続税がかけられます。

純金積立も資産運用の1つで財産にあたりますので、相続税の対象です。相続税は課税対象の遺産が多くなるほど税率が高くなる累進課税であり、税率は10~55%です。

ただし、遺産にも基礎控除が使えます。基礎控除とは利益や所得から全員が差し引けるベースの金額です。基礎控除の計算式は「3,000万円+(600万円×法定相続の人数)」であり、遺産から基礎控除を引いた所得額が納税対象となります。

そのため、実際に相続税が納める人は、相続人の人数にもよりますが、最低3,600万円の遺産がある人のみです。

ちなみに金価格は変動しますが、資産額の算出方法は死亡日です。例えば、被相続人が死亡した日に相続人が純金を受け取った場合、死亡日の店頭小売価格が評価額になります。

法定相続分に対する取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~2億円以下 40% 1,700万円
2億円超~3億円以下 45% 2,700万円
3億円超~6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

例えば、8,000万円もの純金が相続対象になり、相続人は妻と子供1人であったとします。相続税の基礎控除額は4,200万円です。

3,000万円+(600万円×2人)=4,200万円

課税される相続税額は「遺産-基礎控除」で3,800万円になり、妻と子供で1/2ずつに分けると、1人1,900万円です。

(8,000万円-4,200万円)÷2人=1,900万円

それを前述の表で計算すると、1人あたりの相続税額は285万円になります。2人では570万円です。相続人が多いほど、納税額は少なくなります。

(1,900万円×15%)-50万円=285万円

このように8,000万円の純金を2人に相続しても1人285万円ですし、相続税は相続する財産の合計額が基礎控除額以下なら課税されません。

つまり「月10万円を数十年間」というような相当額の純金積立をしないと相続税は発生しないです。

純金積立の月々の平均購入額は約1万円ですので、相続税の対象になる人の割合は少ないでしょう。そのため、純金積立が数ある財産の一部として、相続を受けたりする人も多いです。

一般的には相続税よりも贈与税がお得

純金積立では発生しにくい相続税ですが、税率は10~55%と幅がありながらも、比較的に高い税率の税金です。

しかしながら、節税する仕組みはあります。知っている人も多いですが、本来は相続税がかかる財産を生前に贈与することにより節税になり、うまくいけば回避することさえできます。

贈与によって受け取った財産にかかる税金が贈与税です。純金積立を譲る際も贈与財産にあたるため、贈与税の対象になります。

純金の贈与が成立した日に受贈者が純金を受け取ったという考えることで、贈与成立日の店頭小売価格が評価額となります。

しかし、贈与税は基礎控除が110万円ですので、贈与する額が110万円以下であれば、納税対象にはなりません。そのため、毎年110万円以下の純金を譲ると納税額は0円になります。

これを利用して親から子または孫に贈与すれば、仮に相続人の死亡日までに贈与が完了しなくても、贈与した分は確実に相続財産が減ることになり、相続税の節税にもなります。

過去3年以内の贈与は相続になる

相続税と違って、贈与税は受け渡し日が曖昧になることが多いので契約書を交わすなど、贈与の成立日が判るようにしておくことで、税務署との諸問題も発生しにくくなります。

また、贈与された純金を売却した場合は譲渡所得となります。この場合は純金の取得価格が先ほどの贈与成立日の店頭小売価格ではなく、贈与した人の取得価格で計算することになります。

ただし、子どもへの純金を贈与し、親が不幸にして死亡した場合は、さかのぼって過去3年以内の贈与が相続と見なされてしまうので注意が必要です。

ちなみに純金が節税対策になる情報はまだあります。例えば、土地や建物は不動産として、資産に分類されます。その場合は固定資産税として国税がかかります。

しかし、純金の場合はどれだけ多くの額を積み立てていても、長期間保有していても、純金積立は固定資産税がかからない利点があります。

純金が法的に保護されている資産であるかがわかります。税金の仕組みは少々細かい話になってしまいがちですが、節税は純金積立に限らずに役に立つ知識ですので、ぜひ覚えておきましょう。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.04.19
更新日更新日 2015.04.11

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
純金の需要と供給を理解!中国やインドで買われている
純金の需要と供給を理解!中国やインドで買われている
商品の価格や物の価値は必要性が高いほど、徐々に上がっていきます。需要に対して供給量が少ないと、その勢いは加速度を増します。純金の需要と供...
純金積立の利益に税金!純金は5年以上の所有で税率が下がる
純金積立の利益に税金!純金は5年以上の所有で税率が下がる
純金積立で利益が出た場合に確定申告をして、税金を納めなければいけません。通常、純金積立の納税方法は雑所得で行われることが多いです。雑所得...
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
商品先物とは「決められた価格で決められた日時に売買すること」を約束する取引です。一般的には純金、プラチナ、銀、パラジウム、原油、ガソリン...
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
2015年1月から相続税が増税したことをきっかけに、相続税対策として純金の仏壇や仏鈴を購入する人が増えました。法律上、日常的に使う仏具や神具...