スポット購入で比較!金価格が下がったときに買い増しする

投資判断を自分で行うスポット購入

投資判断を自分で行うスポット購入

通常の純金積立は毎月一定の金額を口座から自動引き落として、純金を購入します。この場合の引き落としは月1回ですが、実際の購入は純金積立会社がドルコスト平均法を使って、毎日少しずつ購入しています。

これはもし月に1回しか購入日がなく、その日だけが金価格が高かった場合に損をしてしまうからです。

毎日同じ金額だけを買い続けるドルコスト平均法では、そのリスクを分散できます。価格が高い日には少ない量を、価格が低い日には多い量が購入するため、結果的に平均的な価格で購入できるわけです。

このドルコスト平均法とは対照的に自分が好きなときに純金を追加購入する方法を「スポット購入」と呼びます。

例えば、毎月1万円をドルコスト平均法で定額的に購入しつつ、金価格が相場平均より5%下がった場合、自分の判断で10万円を追加で支払って買い増すことできます。

自分で相場を予想することで、より積極的な投資ができる柔軟性も純金積立の魅力の1つです。いつもはローリスクですが、自信があったらローリスク・ハイリターンに変えても問題ありません。

一括で買うスポット購入また、毎月の純金積立もそうですが、スポット購入時にも「スプレッド」と呼ばれる価格差が生じます。

純金の売買価格には例えば「小売価格=3,208円、買取価格=3,146円」のような2種類の価格があります。

これは「私たちが純金の購入するには3,208円が必要で、その場で売るとしたら3,146円にしかならない」ということです。

このスプレッドは純金だけではなく、為替などのにも必ず発生する価格差で、取扱業者に支払う一種の手数料です。そのため、スポット購入するときは1gあたりのスプレッドにも注目しましょう。

会社名 購入単位 購入手数料 スプレッド
マネックス証券 1,000円 購入金額×2.7% 111円
楽天証券 1,000円 購入金額×2.7% 99円
SBI証券 1,000円 購入金額×2.16% 調査中
徳力本店 5gから0.01g単位 1,000円ごとに25円 85円
岡安商事 32円
石福金属興業 1万円 無料 85円
三菱マテリアル 1万円 1,000円ごとに25円 108円
田中貴金属工業 1,000円 1万~3万円未満は2.5% 85円
KOYO証券 1,000円 無料 65円
住信SBIネット銀行 1,000円 1,000円ごとに25円 85円
岡藤商事 1万円 無料 30円

購入手数料が無料でもスプレッドに注目してみると、本当の手数料が見えてきます。スプレッドが高いと買取価格が安くなり、利益幅が少なくなってしまいます。

スポット購入で比較したおすすめの会社

スポット購入では1,000円から手軽に購入できるマネックス証券、楽天証券、SBI証券、1万円から購入できる三菱マテリアル、KOYO証券、岡藤商事などに大別できます。

ただ、仮に1,000円分の純金をスポット購入しても、純金の重さは1gにも及びませんので、通常は1万円単位で売買することが多く、売買単位はあまり気にしなくても良さそうです。

スポット購入はネットや電話で即時に申し込める会社も多いですが、事前に申請が必要であり、正確には時差のあるスポット購入になってしまう会社もあります。

また、積極的にスポット購入をしようとするならば、購入手数料に注目すべきです。例えば、三菱マテリアルの2.5%という価格設定は6万円のスポット購入では「6万円×0.025=1,500円」もかかってしまいます。

これはKOYO証券の年会費1,500円に匹敵してしまう価格です。それに比べて、KOYO証券は通常の購入手数料も無料、スポット購入の購入手数料も無料、年間総コストは年会費の1,500円のみですので、価格設定だけに注目するとKOYO証券の圧勝です。

同様に年会費が2,160円で固定の岡藤商事も、スポット購入の手数料が無料ですので、スポット購入をするのであれば、他社競合よりトータルコストで安くなります。

一時的に金価格が下落して、スポット購入を利用するケースが多くなると、KOYO証券や岡藤商事のコストの安さを実感できます。

さらに純金の購入には小売価格と買取価格の差であるスプレッドが存在します。スプレッドは純金積立会社に支払う一種の手数料であり、低いほどお得です。

例えば、スプレッドが「1g=60円」の純金積立会社にて、小売価格が「1g=3,000円」だったとき、100g分をスポット購入しようとすると「100g=30万円」が必要です。

しかし、同じときにスプレッドが「1g=100円」の純金積立会社でスポット購入しようとすると、小売価格は「1g=3,040円」となって「100g=304,000円」が必要になってきます。その差額は4,000円ですので、スプレッドの重要さがわかると思います。

業界最安水準のスプレッドを提供しているのは「1g=60円」のKOYO証券です。低価格のスプレッドに年会費1,500円のKOYO証券と比べると、スプレッドも倍で年会費も高い他の純金積立会社の割高感は否めません。

スポット購入ではない従来の純金積立でも、スプレッドは発生しています。長期の積み立てと短期のスポット購入の組み合わせができる純金積立は、投資スタイルで費用のかかり方も変わってくるでしょう。

したがって、純金積立も固定の年会費だけで済み、スポット購入も無料であれば、KOYO証券がトータルコストの安さで優位に商品展開しており、手数料のみで比較したときは他社競合には厳しさが残ります。

ただ、実際はコツコツと長期投資することが目的の純金積立では、スポット購入をしない人のほうが多いです。

また、月3,000円の積み立てなどでは大手ネット証券のほうが年間総コストは安く、使い勝手も抜群です。株やFXなどの他の投資商品も一緒に売買したり、ポートフォリオで全資産を管理できます。

マネックス証券楽天証券SBI証券は口座開設後にすぐに積み立てをスタートしなくてもいいですし、一時休止もネットで簡単にできますので、大手ネット証券で試しに始めてみても損はしません。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.04.12
更新日更新日 2017.06.28

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
私が選んだ純金積立会社!年間手数料と信用力で比較
私が選んだ純金積立会社!年間手数料と信用力で比較
私が純金積立の目的は銀行に眠らせている貯金を金投資に回して、購入時より金銭的な価値を増やすことです。今では純金は宝飾品や工業用に欠かせな...
特定保管と消費寄託で比較!万が一のリスクに備える
特定保管と消費寄託で比較!万が一のリスクに備える
私たちが銀行に預けたお金には0.1%以下の金利が付きますが、銀行はそのお金を100倍以上の金利で貸しています。しかし、普通預金の場合は万が一...
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
【漫画】プラチナ積立とは?純金よりも価格変動幅が大きい金融商品
プラチナは和名で「白金」とも呼ばれ、白い光沢と銀色が混ざった美しい金属として存在しています。純金と同じく希少な金属であり、宝飾品や工業製...
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
2015年1月から相続税が増税したことをきっかけに、相続税対策として純金の仏壇や仏鈴を購入する人が増えました。法律上、日常的に使う仏具や神具...
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
【漫画】純金積立会社を比較!年間コストは972円でOK
純金積立は長期でお付き合いすることになるため、なるべく手数料が安い会社を選びたいです。ただ、年間総コストを意味する「毎月の購入手数料+年...