純金積立の取扱各社を比較!年間972円で積み立てOK

長期で投資する純金積立は低コストが決め手

長期で投資する純金積立は低コストが決め手

1

月1万円を積み立てたときの年間総コスト

純金積立は長期でお付き合いすることになるため、なるべく手数料が安い会社を選びたいのですが、年間総コストを意味する「毎月の買付手数料+年会費」にはバラつきがあります。

顧客1人当たりの月平均の積立単価である1万円を想定したところ、年間総コストは最安値と最高値で2.9倍の差となりました。

会社名 年間総コスト
買付手数料(毎月)
年会費
岡藤商事 2,160円(初年度は3,240円)
無料
2,160円(初年度は3,240円)
田中貴金属工業 3,000円
1万~3万円未満は2.5%
無料
マネックス証券 3,240円
購入金額×2.7%
無料
楽天証券 3,240円
購入金額×2.7%
無料
石福金属興業 3,672円
1カ月ごとに216円
1,080円
三菱マテリアル 3,864円
1,000円ごとに25円
864円
徳力本店 4,080円
1,000円ごとに25円
1,080円
岡安商事 6,240円
購入金額×2.5%
3,240円
2

月3,000円を積み立てたときの年間総コスト

次は月1万円ではなく、月3,000円を積み立てたときの年間総コストです。今度はマネックス証券と楽天証券が業界最安水準でした。

会社名 年間総コスト
買付手数料(毎月)
年会費
マネックス証券 972円
購入金額×2.7%
無料
楽天証券 972円
購入金額×2.7%
無料
田中貴金属工業 1,260円
3,000~9,000円は3.5%
無料
三菱マテリアル 1,764円
1,000円ごとに25円
864円
徳力本店 1,980円
1,000円ごとに25円
1,080円
岡藤商事 2,160円(初年度は3,240円)
無料
2,160円(初年度は3,240円)
石福金属興業 3,672円
1カ月ごとに216円
1,080円
岡安商事 4,140円
購入金額×2.5%
3,240円

超低金利の日本では貯金でお金は増えません。株やFXのような投資もリスクが高く、複雑なテクニックと高度なツールが必要です。その点、純金積立は毎月コツコツと純金を貯めていく、手間いらずの金融商品です。

マネックス証券楽天証券では年会費が無料であるために、試しに口座開設をしてもOKですし、一時休止や中途解約もネット上ですぐにできるため、自分のタイミングで気軽に始めることができます。

大手証券会社に純金積立サービスが登場

マネックス証券

月3,000~4,000円と貯めやすい価格帯で、年間総コストが業界最安水準の証券会社です。さらにプラチナ積立や銀積立も取り扱っています。

ただ、純金積立会社を購入手数料だけで決めてはいけません。私たちはプロではないため、情報提供量や取引ツールの使い勝手、コールセンターの対応なども重視したいです。

例えば、長期的にローリスクでしっかりしたリターンの資産運用を期待する場合、金融商品を分散させることが基本です。純金積立に加えて、新興国株式、先進国債券、国内REITなども併せて購入することでしょう。

そのときはあらゆる金融商品を扱っている大手であれば、同じアカウント内で資金移動が簡単にでき、資産状況を把握するためのポートフォリオなども自動的に作成してくれます。

また、自分にその投資が合わなかったり、資金不足のときを考えると、途中で休止したり、解約する手続きがスムーズに行えたほうが安心です。

その点、マネックス証券はオリコンの「サービスの満足度」で第1位の評価、ヘルプデスク協会の「問い合わせ窓口格付け」でも最高ランクの三ツ星を獲得しました。何か疑問点が出てきてもスピーディーに対応してくれます。

安心の楽天ブランドで購入手数料もお得

純金積立では年齢は20~40代、金額は月3,000~1万円という人がボリュームゾーンですが、同時に株やFX、投資信託にも投資する人も多いです。これは分散投資を目的としているためです。

以前、日本株や新興国株、外貨預金に分散していても、リーマンショックでは同時に下がってしまったことで分散の意味をなしえませんでした。

しかし、リーマンショックのときでも金価格は変動率がプラスを保ったため、あらためて注目が集まりました。株やFXなどとはまったく異なる値動きをする純金は、分散投資にも欠かせない金融商品と言えます。

楽天証券では株、FX、投資信託、個人向け国債などに加え、純金も同一ユーザーで管理できるため、全体の資産が把握しやすく、別の証券会社へ資金移動するといった手間や費用がかかりません。

楽天ブランドということでセキュリティは安心ですし、楽天証券の資産とお客様の資産は区分管理されているので、万が一、楽天証券が経営危機に陥っても、お客様の資産は100%守られます。

楽天証券は積立額が月3,000円のケースでは年間総コストが業界最安水準ですし、すべてネット上で完結するため、使いやすさも抜群です。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2010.08.10
更新日更新日 2017.05.12
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
失敗しないために資料請求で確認!申し込みから3日後に届く
失敗しないために資料請求で確認!申し込みから3日後に届く
純金積立の基礎知識 純金積立の知識一覧
純金積立は誰でも簡単に始めることができますが、多くの方は始める前に年間の手数料と会社の信頼性を気にします。年間の手数料を他の投資と比べて...
ら・わ行の金投資用語
ら・わ行の金投資用語
純金積立の基礎知識 純金積立の専門用語
リースレートとは貴金属のリース市場における、貴金属現物の貸し借りをする際に発生する金利のことです。貸し手は中央銀行で、借り手は貴金属デ...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

おすすめ会社

RECOMMENDED COMPANY

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK