選べる純金積立の受け取り!スモールバーや金貨が人気

価値が高い現物で受け取る醍醐味

価値が高い現物で受け取る醍醐味

純金積立が満期を迎えた場合に、さらに継続して純金を積み立てることもできます。しかし、まとまった純金であれば、保管場所や盗難対策には迷うものの手元に置いておきたい人が多いようです。

もちろん、現金として引き落としても損をしませんので、間違いではありません。むしろ、小額なら現金のほうが得する場合もあります。

ただ、純金の輝きには人を魅了する力があり、手にすることで積み立てた達成感が得られるでしょうし、息子や娘への成人や結婚のお祝い品などにすれば、現金と違って受け取るほうも抵抗感がなく、またゴールドの美しさから感動も増します。

純金積立ではある程度まとまった純金を換金するときにも追加コストがかかりません。不動産などと異なり、資産価値が高くても固定資産税がかからないことは魅力的です。その上で自然と純金の価値が上がれば、とても嬉しいでしょう。

純金の税込小売価格また、できるならゴールドバーで引き落としたいですが、純金の延べ棒の価格は2014年時点で「1kg=450万円」を超えます。

そこで「1kgの純金を貯めることは難しいし、時間がかかる」という人向けに「5g、10g、20g、50g、100g」と少し小さなスモールバーで受け取ることも可能です。

100gのスモールバーは1kgの約1/10の価格に、加工手数料である「スモールバーチャージ」を追加することで入手できます。

また、10~20万円くらいの手の届く範囲で純金を少しずつ手元に残したい人には、金貨がおすすめです。日本でもかわいらしいデザインには定評がありますし、小出しに売却できること金貨の強みとも言えます。

魅力的な純金のプレミアムグッズ

純金は通常は海外では1トロイオンス単位、国内では500g~1kg単位でマーケットに出回っています。そのため、少し小さな純金であるスモールバーや金貨を受け取る場合には加工する必要があり、その際は「加工手数料=スモールバーチャージ」という料金がかかります。

純金積立会社にもよりますが、100gの加工でも数千円かかる場合があります。せっかくの利益を減らすのはもったないので、スモールバーチャージが発生しない500g以上のゴールドバーでの受け取り、もしくは現金がおすすめです。

その一方で純金の値上がりから利益を出すのが目的でも、実際の純金を手に入れることを目標とする人も多いです。資産を現物で残したいのでならば、スモールバーや金貨を選択することも正しいと言えます。株式や為替にはない満足感が得られるでしょう。

特に北米やヨーロッパでは、金貨を子供の誕生日にプレゼントしたり、貯めておいて成人や結婚のお祝いに贈る文化が盛んです。

日本でもコインは人気ですし、仏像や工芸品などの造形物で純金を受け取ることで、より物質的な価値を高めることもできます。

中には純金5gの携帯ストラップや純金1gの名刺を提供もしている純金積立会社もあり、手軽に何度も交換することも可能です。確かにそれなりに加工料がかかってしまうのですが、サービスとして、かなり低い料金設定で提供しているところもあります。

このような工芸品の場合、純度が24Kですと強度が少し弱いために、あえて18~23Kで加工することもあります。純度が低い分だけ使われる純金が少ないために、意外と多くの工芸品と交換できたりもします。

純金は現金としての価値がある上に、物質としての魅力が高い金融商品ですので、出口戦略として積み立てを始める前に、受取方法を考えておくことも楽しみの1つです。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.04.20
更新日更新日 2015.10.23

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
複数の資料請求で比較!1社の資料よりも違いがわかる
複数の資料請求で比較!1社の資料よりも違いがわかる
失敗しないために資料請求で確認では岡藤商事のみに資料請求をしてみました。その資料ではネットでは伝わりにくい信用性が伺えます。しかし、大切...
純金積立口座を開設する4種類の方法!ウェブ申し込みが早い
純金積立口座を開設する4種類の方法!ウェブ申し込みが早い
純金積立を始める方法は「ネットで資料請求、ウェブ申し込み、コールセンター、来店申し込み」の4種類あります。一般的な方法はネットで資料請求...
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
金先物取引 - 証拠金で数十倍の取引ができるハイリスク投資
商品先物とは「決められた価格で決められた日時に売買すること」を約束する取引です。一般的には純金、プラチナ、銀、パラジウム、原油、ガソリン...
金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品
金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品
投資信託とはたくさんの個人から集めた資金をプロが運用代行する金融商品です。投資会社のファンドマネージャーが市場を分析して、銘柄選びや売買...