純金積立口座を開設する4種類の方法!ウェブ申し込みが早い

純金積立の申し込みはシンプルで簡単

純金積立の申し込みはシンプルで簡単

純金積立の口座を開設する方法は「ネットで資料請求、ウェブ申し込み、コールセンター、来店申し込み」の4種類があります。

ウェブ申し込みの入力画面一般的な方法はネットで資料請求です。資料請求に申込用紙も同封されているため、個人情報を記載して、返送することで完了します。

ただし、1番早い方法はウェブ申し込みです。例えばマネックス証券ではスピーディーに3分で申し込みが完了します。

楽天証券では楽天会員の場合はすでに個人情報が登録されているため、30秒で完了できます。楽天証券の純金積立は無料で一時休止もできるため、試しに始めてみても大丈夫です。

コールセンターに電話した場合は、結局はコールセンターのスタッフが個人情報を聞いて、その住所に申込用紙が送られてくるため、手間としてはネット上から資料請求をしたほうが早いです。

最後に実店舗がある場合は、直接出向いての手続きも可能です。身分証明書、引き落としする銀行の口座番号、印鑑を持参します。

いずれにしてもポピュラーな口座開設の仕方はインターネットで申し込むことです。直接、純金積立会社のサイトで資料請求か口座開設を行います。資料請求から口座開設する流れは下記になります。

1

各社のウェブサイトで個人情報を入力する

個人情報保護方針を確認してから、入力フォームに「氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、職業、取引経験」などを入力します。

2

資料が届いたら申し込む

資料はすぐに届きますので、同封されている申込用紙に毎月積み立てたい金額や引き落とし口座などを記載して、返送します。

3

純金の買い付けが翌々月からスタート

各社で買付開始日は異なりますが、基本的には申し込んだ翌月に指定した口座から1回目の引き落としが行われ、翌々月にその資金で買い付けが行われます。

そのため、例えば1月に申し込んだら2~3月に引き落とされて、3~4月から積み立てがスタートできるといった流れです。

ネット上で口座開設できるケース

株やFXでは口座開設をしても、売買をしないケースもあるためにネット上で手続きが完結できたりしますが、純金積立では「口座開設=積立開始」ですので、ネットだけで完結できる会社は少数派です。

きちんと資料請求をして、しっかりと内容を確認してから、申込書に記述と捺印を押したほうが安心感が強いでしょう。

しかし、今ではマネックス証券楽天証券のように資料請求なしで、ネット上で手続きができる会社もあります。そのため、ネット上における基本的な口座開設までのフローも掲載します。

1

個人情報の取り扱いを確認

ネット上での口座申込について、始めに手順が案内されます。これを確認してから口座開設がスタートです。

まずは資料請求の際も同封されていますが、問題が置きやすい個人情報の利用目的について明記しています。各社とも個人情報についてはセキュリティがしっかりしているので、特に気にしないでも問題はありませんが、ひと通り読んでおきましょう。

2

約款のダウンロード

投資用の口座開設をするにあたっては、どの会社でも約款をダウンロードすることになります。銀行の口座開設と同じく「保管方法、クーリングオフ、休止や解約、各社の免責事項」などが含まれていますので、できるだけ目を通しましょう。

3

個人情報などを申し込みフォームに入力

お客様の「氏名、住所、メールアドレス、電話番号」などを登録します。項目数は銀行口座の開設時とあまり変わりません。

次に申し込み内容の確認ページに移りますので、内容に間違いがないかを確認します。

4

毎月の積立金額と口座情報の入力

いよいよ純金を積み立てる具体的な金額を入力します。ここで入力した内容は、純金積立がスタートした後でも変更できます。

これでネット上での申し込みが完了しました。純金積立会社によっては、さらに電話での本人確認がある場合があります。

会員専用の純金積立の情報サイト

会員専用の純金積立の情報サイト現在の預かり重量や平均買付価格、取引履歴の照会などがネット上で確認できる会員専用サイトを展開している純金積立会社が一般的です。

例えば、KOYO証券の「Myポータル」や田中貴金属工業の「G&Pプランナー」といった会員サイトでは、純金積立に関する最新情報も手に入ります。

特に使いやすい純金積立会社はマネックス証券楽天証券といった大手ネット証券になります。毎日の投資情報やメールマガジンも好評です。

本来、純金積立は長期間放置するタイプの金融商品であるため、毎日新聞やニュース番組をチェックせずとも、余裕がある投資ができますが、やはり、資産運用している以上、自然と経済情報は気になってきます。

そのため、貴金属関連のニュースを提供してくれたり、メルマガやブログが充実している会社はより便利に感じるでしょう。

各社とも残高照会や取引履歴はもちろん、売却、引き出し、返却に加え、相場の推移などのデータも随時確認できます。ネット上での取引に抵抗がある人にも扱いやすい仕組みです。

また、一般的な金投資ではコールセンターに電話をして、会員番号と暗証番号を伝えてから、直接取引する会社も多いですが、すでに一部の純金積立会社では、ネット上で純金やプラチナのスポット購入ができてしまうこともメリットの1つだったりします。

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2008.04.20
更新日更新日 2015.10.24

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
純金積立コツコツ入門編集部
純金積立コツコツ入門編集部
執筆・編集
純金積立の基礎知識、専門用語、テクニックを徹底解説。純金積立会社の比較や金投資のノウハウも紹介しています。

関連する記事

RELATED ARTICLES
選べる純金積立の受け取り!スモールバーや金貨が人気
選べる純金積立の受け取り!スモールバーや金貨が人気
純金積立が満期を迎えた場合に、さらに継続して純金を積み立てることもできます。しかし、まとまった純金であれば、保管場所や盗難対策には迷うも...
金投資の専門用語!地金やスモールバーチャージなど100単語
金投資の専門用語!地金やスモールバーチャージなど100単語
金投資で頻出する用語から100個程度をピックアップして、一覧表にしました。初心者は専門用語に抵抗がありますが、難解な単語はありませんので、1...
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?
【漫画】純金積立で金投資!毎月コツコツ貯めるメリットとは?
純金は単なる金融商品の1つではなく、それ自体に利用価値がある物質です。例えば、2000年時点の純金の需要は宝飾品が3,000トンあり、全体の80%...
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
純金工芸品 - 仏具や神具などは非課税で相続できる
2015年1月から相続税が増税したことをきっかけに、相続税対策として純金の仏壇や仏鈴を購入する人が増えました。法律上、日常的に使う仏具や神具...
金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品
金投資信託 - 毎年1%の手数料でプロが運用してくれる金融商品
投資信託とはたくさんの個人から集めた資金をプロが運用代行する金融商品です。投資会社のファンドマネージャーが市場を分析して、銘柄選びや売買...